これが私のベスト抱っこ紐!

育児

『抱っこ紐』難しいですよね。

出産前に「これなら良さそう、これにしよう!」って夫婦で意見が一致して買ったのに、実際に使ってみると「こ……こんなつもりじゃ……なかったのにぃ……😭」って思うこと、ありますよね?(もしかして私だけ?💦)

我が家の場合、出産前に買った抱っこ紐はApricaのコアラ・ウルトラメッシュでした。

男女兼用でいけそうだし、一応買う時に使い方・サイズ調整の仕方も聞いて実際やってみて(店頭に遭った赤ちゃんの人形でデモした)「これなら大丈夫かな」って思ったんですよ。

でも現実はそう甘くなかった!

生後3週頃、息子の体温が37.8℃くらいまで上がって「平熱は超えたけど受診する基準と言われる体温(38℃くらいと聞いていた)未満でどうしよう……」ということがあり、産院に電話で相談したら「念のため診ましょうか」と言われて慌てて支度してタクシーを呼んで病院へ向かおうとしたんです。

その時にこの抱っこ紐の存在を思い出して使おうとしたら、慌てていた&軽くパニックを起こしていたのもあって使い方が全然わからない!!!!!

取扱説明書を見ても全然わからないし、息子は暑いからか私の不安が伝わったからか泣きだすし、部屋の中がカオスの様相に……💧

結局抱っこ紐は使うのを諦めて自分の腕で抱っこしてタクシーへ乗り込み、あやしながら何とか夫へ連絡して状況を説明して病院で合流して、その後は夫に抱っこを代わってもらいました。

その後、落ち着いてから夫と一緒に使い方をおさらいしましたがやっぱり私ひとりになると使い方がわからず、Apricaのコアラは夫専用の抱っこ紐になりました😅

私の方は別記事でも書きましたがKonnyの抱っこ紐に出会ったおかげで無事に腕抱っこから卒業出来ました(笑)

こちらの記事です!

私が買った当時は使う人の体型に合わせてサイズを選んで購入する商品しかなかったので夫婦共用が出来ませんでしたが、今はKonnyにサイズ調整が可能な『フレックス』という商品が出ているのでこれからKonnyを買う人はフレックスが良さそうですね🥰

少し話が逸れましたが……。

しばらくはKonnyの抱っこ紐で快適に抱っこライフを送っていましたが、そのうち体重が増えてきて肩や腰が痛くなってきて抱っこ紐の買い替えを再検討し始めた頃に『ヒップシート』の存在を知り、お値段にちょっと怯みましたが思い切って買ってみました。

このヒップシートを装着した上でKonnyの抱っこ紐で抱っこする、という方法ですね。

やってみたら思った以上に楽になりました!

  • 抱っこ紐とヒップシートの組み合わせで体重がいい感じに分散される
  • ヒップシートのベルト幅が広くて疑似的なサポーターっぽくなっていて腰が痛くなりにくい
  • 息子もおしりが安定して楽そう

この3点が「楽になった」と感じた要因かな?と思います。

あと、個人的には『妖怪バックル外し対策』にもなるのが◎でしたね。

Konnyの抱っこ紐はラップタイプだからバックルがないし、ヒップシートはマジックテープ+バックルなので【バックルを外される=脱落】が起きにくいので安心して抱っこ紐のお出掛けが出来ました。

ただ、ラップタイプの抱っこ紐は肩~腕にかけて包んでしまう関係で腕が上げにくいのが難点で💧

それでも肩腰が痛くなりにくい&バックル外しのいたずら対策が出来るメリットの方が大きくてずっとこれを使っています。

……でも。

10ヶ月を過ぎていよいよのけぞり癖も激しくなり、Konnyだと心もとないことが増えてきたので現在はCUSEBERRYのNICOも併用しています。

外出時間が3時間を超えるようなお出掛けの時はNICO・短時間の外出ならKonny+ヒップシートと使い分けています。

※CUSEBERRYの抱っこ紐は新生児専用の商品が別にありますので購入の際はご注意を⚠

こちらが新生児用のZEROです↓

ただ、NICOはそこまで腰へのサポートがあるようには感じないので、サポーターの併用を考えた方がいいかなあと思っています。

トイレが近い人なのでサポーター+抱っこ紐はなかなか面倒なんですけど、そうも言ってられないですからね😣💦

出産を控えて抱っこ紐も買う人・今までの抱っこ紐からの買い替えを検討されている方の参考になれば幸いです😄

コメント

error: コンテンツは保護されています/Content is protected
タイトルとURLをコピーしました