エストラーナテープを貼るのは難しい

不妊治療

1回に2枚なら悩まないけど

前回受診から数えて3回目のエストラーナテープ貼り換え日。

胚移植前~判定日にかけて貼るテープの枚数が増えたんですが、6枚はともかく8枚は「これ……どうするの?」って悩みました。

テープ自体がそこまで小さくないですからね~……。

楕円形で、ざっくり3cm強×4cm弱くらいのサイズ感。

径が長い方を横にして貼るとたくさん貼れないので、今は径の短い方を横向きにして貼っています。

でも、向きを変ええるくらいじゃ足りないんですよね、テープを貼る場所。

同じ箇所に続けて貼らず、かつ複数枚貼るには

貼り薬あるあるなんですが、同じ箇所に何日も続けて貼るとかぶれちゃうんですよね。

比較的かぶれにくい方なんですが、さすがにこれだけ連日で貼り続けると痒くなります(汗)

過去の記事を遡って確認すると、6/2から貼っては交換してを繰り返していて判定日が7/2だから1ヶ月間貼ってる形になるんですね。

そりゃあ痒くなるよ……判定日の頃にはかゆかゆかゆかゆかゆ無理無理無理無理無理って状態かもしれない(笑)

と、いうワケでまずは同じ箇所に貼り続けないように気をつけねばならず、それでいて指定枚数を貼らねばなりません。

ついでに言うと先生からは「身体の前面に貼ること」が推奨されているので更に難易度up!

(※薬の添付文書には臀部等の身体背面も可と書いてあったんですが、身体の後ろ側だと万が一剝がれてしまった時にすぐに気づきにくいからダメみたいです 汗)

まるでテトリス……いや、マインスイーパーかなこれ(笑)

さて、さて、どうしよう?

範囲を広げるしかないよね(苦笑)

まあ結局範囲を広げていくしかないです。

1度に2枚貼る時は下腹部だけで足りていましたが、4枚以上ならもう他の場所にも貼らないと間に合いません(笑)

で、6/11は下腹部2枚+太もも2枚の合計4枚を貼りましたが、端からくる……くる……と微妙な感じで剝がれそう。

待て待て待て待て待ってと言わんばかりに救急箱に入っていたテープで固定。

太ももはダメだなあ、ということで今回は下腹部+上腹部の組み合わせで合計6枚を貼りました。

一瞬「これはOKか?!」と思いましたが、左端に貼ったテープが不穏な感じにシワが……。

左側の肋骨が骨格形成不全?らしくやや開き気味なので、テーマと身体の間に隙間が出来やすい状態なのであまり端に寄らないように気を付けて貼ったつもりなんですが、ちょっと甘かったみたいですね。

シャワーの時は気を付けないと……。

でも、剝がれそうってソワソワさせるクセに交換で剝がす時はかなり痛いの何なの?!って文句言いたくなります

でも、剝がれそうってソワソワさせるクセに交換で剝がす時はかなり痛いの何なの?!って文句言いたくなります。

それだけ粘着力強いなら多少のシワや水分で剝がれないように頑張って欲しいところ(笑)

胚移植日まであと5日、エストラーナテープよ頑張ってくれ!剥がれずかぶれず乗り切って~!!!!

コメント

error: コンテンツは保護されています/Content is protected
タイトルとURLをコピーしました