またひとつ、ハードルをクリア

不妊治療

受診前はゆったりと

久しぶりに夫より早く起きれた土曜日でした(笑)

ここのところ無限に眠たいので朝の服薬の後はまたガッツリ熟睡して気づいたらお昼過ぎ、のパターンばっかりでしたからね💧

ご飯を食べながらNETFLIXで「サマーウォーズ」を観ていました。

初めて観たんですがすごく面白かったです!

ちょっと弱気でコミュ障だけど数学だけは段違いの能力を発揮する健二くんのギャップがよかったです(笑)

ただ、ヒロインの子が最後まで健二くんに対して謝罪がなかったことにモヤモヤ……。

巻き込んだ挙句散々振り回した結果がそれかーい!と思ったり。

あと、ポスターなんかをちょいちょい見かけたことがあったんですが、ヒロインが前面に推してあったけど作中でめっちゃ頑張ったのも活躍したのも健二くんじゃん!って何だか納得がいかず💦

世界観とストーリーは面白かったです!

そう遠くない未来に「OZ」のようなシステムって出来そうですよね。浸透するのはもっとずっと先だと思うけれど。

運命の胎嚢確認

今日は17時に予約を取っていたんですが、通院しているクリニックは夜間の部が17時診療開始なので早めに行っても受付出来ないのを忘れてて、10分くらい外で待つハメになりました😂

時間が微妙だから近くの喫茶店で待つには短く、コンビニは来た道を戻ることになりそれもちょっと……。

ほんの10分ですが気温が高い+湿度が高い+体温も高いで滝のような汗をかいていました。かいた汗の量だけで痩せた気がする(笑)

今日もあまり待たずにサクッと内診室へ。

胎嚢確認の時と同じく「映ってなかったら怖い」「見たくない……」とウジウジしていましたが、やっぱり先生の「画面見えてますか?」につられて「あっ!はい!」と反射的にモニターを見てしまう私😅

卵黄嚢が映っている……と思っていたら何だかピコピコ動いていて「あ、赤ちゃんいますね!」と先生に言われて私は「動いてますね……」とか言っていました💦

先週も思ったんですが、私、情緒がないんですかね……感動とか何かもっと他にあってもいいと思うんですけど、真っ先に思い浮かんだのも口から出たのも『動いてる』だけなんて。

そんな思いをよそに赤ちゃん(胎芽)はピコピコしていました。元気だ。

念のため来週も心拍を確認させて欲しいという話と、追加のルトラール錠50錠をもらって今日の診察は終わりました。

受付ではお会計の他に<次回紹介状をお渡し予定の患者様へ>という紙をもらいました。

希望紹介先の医療機関名と担当医を書いて提出しないといけないようで、(当たり前ですが)問い合わせは自分でしないといけないので週明け月曜日にTELする予定です。

不安は次から次へと

もう転院先の病院は決まっているものの、病院に問い合わせをしたってワケじゃないんですよね……。

自分の中で候補を決めただけで。

産院激戦区の東京。もしも希望のところが予約の空きがないなら他を当たらねばならず、第2・第3希望は決めていないのでこの土日で検討しないといけないかなあ、と感じています。

なるべく、というか絶対に慈恵がいいんですよね。周産期母子医療センターがあって自宅と夫のオフィスの中間距離にあるのがここだけなので。

(私や赤ちゃんに万が一があって夫が呼び出された時に、ギリギリ間に合うであろう距離にあるのが慈恵。自宅周辺だと夫のオフィスからは遠くなるので万が一の時には間に合わない)

気持ち的には2回目の心拍確認より病院に問い合わせが出来る月曜日を待つ方が長く感じています。

早く電話したい、というか陽性判定が出た瞬間に電話しておけばよかったと後悔中😥

取り敢えず今出来ることとして第2・第3希望の病院を検討して決めておきます。

コメント

error: コンテンツは保護されています/Content is protected
タイトルとURLをコピーしました